FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gonext2011.blog50.fc2.com/tb.php/12-fd8acd55

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

フレッツテレビホーム共聴工事でルームリンクサイトトップ >テレビ接続工事 >>ホーム共聴工事(新築住宅)

ホーム共聴工事(新築住宅)

ホーム共聴工事 新築住宅の場合

a. 新築住宅(ケース1)

新築住宅で機器収容ボックスの設置をしている場合。
機器収容ボックス内に テレビ配線電話線LANケーブル の配線があり、
GV-ONU(一体型ルーター1台、もしくは2台)の収容スペースがあれば、
ボックス内で全てすっきり完結。

また、ボックス内にONUの収納スペースがない場合でも、
マルチメディアポートs のようにボックスに直接接続をしてすっきり収まりますね。

ボックス内にONUの収納スペースがなく、マルチメディアポートsのように直接接続ができない場合は
次の b.を参考にしてください。


b. 新築住宅(ケース2)
機器収容ボックス以外では、ONUを部屋に置きます。
新築なので既設の配線を使ってホーム共聴設備まで放送信号が流れるようにします。
V-ONUから一番近い壁面テレビ端子まで同軸ケーブルを接続し、ホーム共聴設備の場所(PDF図では屋根裏)に必要に応じて「分配器・分波器」や「ブースター」を設置することで、各部屋に放送信号が送られていますね。
シンプルに、シンプルに言ってしまうと、
GV-ONUを部屋に置いて、そこから一番近い壁面テレビ端子まで同軸ケーブルでつなぐ。
ホーム共聴設備(屋根裏あたり・・等)の接続配線を調整する。
○電波(信号)の増幅が必要な場合は、ブースターを設置する。

今回の記事はお役に立てたでしょうか?
FC2 Blog Ranking←役に立つ記事にクリック(ランキングが上がります)


関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gonext2011.blog50.fc2.com/tb.php/12-fd8acd55

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

PR

PING送信プラス by SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。